Cal Example

LINE@はじめました


一人ひとりにあった漢方薬をお選びいたします




インフォメーション information


なかなか寝付けない、夜中に何度も目が覚める朝起きても熟睡感がない、、、日本人の5人に1人が悩んでいるといわれる不眠。ストレスや生活習慣の乱れ、身体的・精神的疾患などが原因といわれています。私たちの心や体にとって、睡眠は何よりも大切です。
もし「不眠症かな?」と感じたら、そのまま放置せずに、ぜひ一度当店へご相談ください。

不眠イメージ

酸棗仁湯(さんそうにんとう) 帰脾湯(きひとう) 加味逍遙散(かみしょうようさん)
疲れているのに目が冴える方に 疲れやすくて血色が悪い方に 更年期の時期やイライラが伴う方に

心身が程よく疲れていると眠くなるものですが、心身ともに疲れ果てると逆に眠れない時があります。
疲れて体力が衰えることで、精神の興奮を抑えることができずに不眠に陥ることになります。このような時に使うのが酸棗仁湯です。

胃腸が弱って、血液やエネルギーが足りなくなると、健忘・動悸といった精神・神経症状が生じてきます。
帰脾湯は、疲れやすくて、貧血気味で血色が悪く、心身ともに衰弱している方の不眠症の方に使う漢方薬です。

昨今では、生活のリズムを崩して、方がこる、疲れやすい、イライラするなど、いわゆる不定愁訴に悩む方が増えています。
加味逍遙散は、このような不定愁訴のほかに、生理不順、月経痛、冷え症、不眠症などの症状に使う漢方薬です。

黄連解毒湯(おうれんげどくとう) 温胆湯(うんたんとう) 釣藤散(ちょうとうさん)
のぼせ気味で顔色が赤い方に 胃腸が弱くて水が溜まりやすい方に 高血圧の傾向で頭痛を伴う方に

顔がのぼせたり、赤ら顔の傾向があり、イライラして落ち着かない場合には、頭が冴えて眠れなくなることがあります。
漢方の考えでは、このような症状は体内に熱があるととらえています。このような時に使うのが黄連解毒湯です。

胃や体の中に水分が溜まりがちな方で、ストレスが伴うと不眠や不安、イライラ、胸苦しさなどの症状が起こることがあります。
温胆湯は、体の余分な水分やイライラを取り除くことによって、心を落ち着かせ不安を解消し、不眠の症状を改善する漢方薬です。

日ごろから過労や緊張によるストレスの強い働き盛りの方で、起床時あるいは午前中に調子が悪く、頭痛がしたり頭が重い、めまいや肩こりを伴い高血圧になる方がしばしば見られます。このような時に使う漢方薬が釣藤散です。



紀元前に書かれた漢方の古典「霊枢(れいすう)」には、睡眠について「日中は陽の気に支配される。夜になると、この陽の気は体の奥深くに取り込まれ、それまで体内にあった陰の気が出てきて人を支配する。その時、人は眠りに入る。朝になると、陰の気が尽き、陽の気が再び体内から出てくる。その時、人は目を覚ます」と記されています。陰と陽の気の交代がうまく行われていれば、睡眠と覚醒は一定のリズムで訪れます。この交代がうまく行われなくなった時に、不眠症になると考えているのです。漢方では過剰になった陽の気を抑えたり、陰の気が尽きないようにしっかり維持するための処方が用意されています。
現代医学の自律神経系と照らし合わせてみますと、「睡眠」は交感神経支配から副交感神経支配へ(陽の気から陰の気へ)の移行、逆に「覚醒」は副交感神経支配から交感神経支配へ(陰の気から陽の気へ)の移行と考えることができます。





新着情報 News



Calendar Loading

 定休日:日曜(祝日は営業しております)

Calendar Loading
Copyright (C) 2009 FUJIKOSHI PHARMACY All Rights Reserved.